和をきれいに着こなせる女の子は、幸せ

浴衣はカジュアルな、どちらかというと「部屋着」に近い和装です。
とはいえ、現代では「浴衣は夏の勝負服」でもあり「女子力」のひとつなのかもしれません。
花火大会やお祭りで、浴衣デートをするには、それなりのスキルが必要です。
浴衣や小物をそろえても、着こなせなかったらタンスの肥やし。たとえ、着付けをしてもらっても、スマートに歩けなかったり、着崩れの対応が出来なかったら「疲れた」記憶だけしか残らないかもしれません。
ホテル街に「浴衣着付け○○○○円」という貼り紙をみかけると
「ああ、夏だな」と思うようになりました。

私は、母に浴衣の着方を教わりました。
おはしょりをつくって、文庫結びをして、汗だくになりながら何度もやり直しをして筋肉痛になったのを思い出します。
今でも、浴衣で出かける時は事前に準備をしてそれなりに練習をしないと、着こなせません。
それでも、夏になると浴衣を出して、特別な予定も無いのに準備をするのは
いつもの自分と違う自分になれるから
「きれいだよ」と言ってもらえた時の喜びをしっているから。

子供の頃、私は祖母が手縫いしてくれた浴衣を着ていました。
帯は母が娘時代に使っていた、赤い絹の兵児帯でした。
周りの友達が、既製品の浴衣や化学繊維の帯を身につけていたのをとても羨ましく思っていました。
「あの、蛍光色の帯が欲しい」と本気で思っていました。

幼心はときには残酷なもの。
祖母と母の、極上の愛をうけていながら贅沢な悩みです。
子供時代、浴衣を着て出かけられたのは盆踊りの時だけでした。一年のうち、ほんの数日だけでした。
神社から、太鼓の音が聞こえてくると、母に浴衣を着せて欲しいとよくせがみました。
「まだ早いから」と聞き流して、家事をしている母の後姿。
歳の離れた弟がいたので、私だけを見てくれる時間はそんなにあるわけではなかったので、帯を結んでもらっているつかの間の時間がとてもくすぐったかったのを覚えています。

最近の浴衣は、ワンタッチ帯がセットになっていたり至れり尽くせりですが、本当に可愛く着こなすには「ほんの少しの工夫」と「愛情」が必要。
子供の頃、浴衣姿を「あら可愛い」と目を細めてくれた家族や、周りの大人たちの眼差しが愛されるたの自信につながっている。そう思えてならないのです。

帯をほどく恋人よりも、帯を結んでくれた母親の愛を強く感じるのは、少しは大人になったからでしょうか?

主人との花火

今の主人とは学生の頃から付き合っていましたが、付き合い出して初めての大きなイベントが、花火大会でした。
花火大会には浴衣を着て欲しい、とのリクエストがありました。花火大会までにその当時、彼だった主人の好みの色を密かに
リサーチし、友達に浴衣を買いについてきてもらったりした記憶があります。
花火大会当日、ドキドキしながら浴衣を着て行くと、彼はすごく喜んでくれたのを覚えています。すごく似合ってる!可愛い!とべた褒めしてくれました。すごく嬉しかったです。浴衣姿でプリクラを何枚も撮ったり、写真をたくさん撮ったり…。

花火大会でしたが、花火そっちのけではしゃいでいたような記憶があります(笑)

そして次の年も花火大会には浴衣を着て行ったのですが、たまたま去年買った浴衣を妹に貸していて妹の浴衣を着て行ったのですが、彼は「去年の浴衣と違うね。今年のも可愛いけど去年の浴衣の方が好きだな?」みたいなことを言っていて、少しショックだったような記憶があります。

その次の年は用事があり、花火大会には行けず、それ以来は私服で花火大会に行っていたりで、なかなか浴衣を着る機会がありませんでした。

そして数年後、結婚して子供が生まれた次の年に花火大会に行くことになり、久しぶりに一番最初に買った浴衣を着て行くことにしました。浴衣は実家に置いてあったので、主人にはちょっと実家に行くから後で迎えに来て欲しい、とだけ伝え、先に実家に行って浴衣を着て準備して待っていました。

そして主人がお迎えに来て、浴衣姿の私を見て、すごく嬉しそうだったのを覚えています。主人はその浴衣のことを覚えていてくれました。「懐かしい!昔のこと、めっちゃ思い出すわー!」と満面の笑みでした。その浴衣を覚えていてくれたこと、喜んでくれたことがとても嬉しかったです。

その思い出の浴衣を買ったのが今から15年前…その浴衣はまだあります。最後に着たのは5年前なので、なんだか今年は久しぶりに着たくなりました!主人はまだ覚えているかな?今年はその浴衣を着て驚かせようかな?と思いました。

町内の夏祭り

地域のお祭りで毎年夏休み期間の3日間ほど行われる夏祭りで、デパートデパート買ってもらった浴衣を着て行きました。

まだ小学生の頃で、浴衣というものに馴染みはなかったのですが、友達もみんな着ていくという事で、持っていなかった私は、母にせがんで買ってもらったのです。

我が家は共働きしているくらい生活がギリギリでしたが、その頃はそんな事もわからず、高かったであろう浴衣を平気で買ってもらいましたが、今思うと少し胸が痛みます。

母は着付けも若い頃に習っていたようで綺麗に着せてくれました。夏祭りには的屋も出て、賑わいがあり、みんなも浴衣や甚兵衛を着て盆踊りを楽しんだりしました。

あの頃、浴衣を着ていて感じたのは、トイレに行きづらい事と、窮屈感があり、正直、女の子でありながら甚兵衛の方が羨ましくも感じていました。

的屋で食べ物を買い、色々食べてると汚れるのも気になり、帯もきつくなっていきますし、下駄の鼻緒の部分も痛くて、歩きづらい。

でも、見た目は女の子らしく見え、普段では見せない自分を魅せる事ができたので、お気に入りの男の子がいると少しドキドキしたのを覚えています。

気づいてくれてたかはわかりませんが、淡い思い出です。浴衣は丈を直してもらいながら結構長い間愛用しましたが、高校生くらいになった時は着る事がありませんでした。いつの間にか着なくなった浴衣はどこへ行ったのか、ふと聞いた事があります。

町内の仲良しの子供にリメイクしてあげたそうです。なんか、少し切なくも感じましたが、また着てくれる人に喜んでもらえるなら幸せかもしれません。

今ではカラフルな浴衣や丈も様々ですし、帯も可愛らしいものもあり、カバンもある。私の頃はそんなお洒落ではなかったですが、深い紺に白と淡いピンクの大きな花が印象的な浴衣で、とても気に入っていました。

夏祭りや花火大会などとても楽しみにしていましたし、買ってもらえた事も嬉しくてたまらなかったので、なにかにつけて着たがっていた記憶があります。

初の浴衣は、娘と

28歳、2歳10ヶ月の娘を持つ、専業主婦です。
私の浴衣デビューは、娘を出産して2年後の27歳のときでした。
浴衣といえば、花火大会やお祭りなどで着ていくものだと思います。
イベント事が大好きな私は、それまでも何度も行っていました。友達と彼と旦那さんと…。
しかし、着付けが出来ない、高い、自由に動けない、下駄は靴づれする、との様々な理由から、浴衣とは遠ざかっていました。
浴衣を着るシーズンは真夏なので、ただでさえ息苦しいのに、浴衣でいくなんてもってのほかでした。
しかし、娘を出産し、生まれて何も知らない娘に、たくさんの学びと経験をしてもらいたい!と思うようになりました。
それらは、親が導き出し、行動にうつさないといけないと判断しました。お宮参りから始まり、桃の節句、お盆、お彼岸、節分、ハロウィン、七五三、クリスマス、お正月…。日本には、昔から様々な行事があります。

主人が、あまりそういう行事をしてこなかった環境で育っていて、行事自体を知らなかったり、名前を知っていても内容が分からなかったりというのを目の当たりにしていたので、より一層大事にしたいと思うようになりました。

そうした思いから、花火大会やお祭りなどにも行く際は、浴衣を着せて行くようになりました。娘の浴衣姿を見たら、親である自分たちも同じことをしないと娘に悪い気がして、着だしたのがきっかけです。

また、娘の着ている姿をみて、自然と自分も着たいと思うようになっていました。実際、娘と一緒に浴衣姿で花火大会やお祭りに参加しましたが、とても新鮮で、夏らしいことをしている充実感でいっぱいになりました。

浴衣の息苦しさはそれほどなく、浴衣って涼しいんだな?と思えたのは、娘のおかげです。今は、着付けは適当にやってしまっているので、娘の成長とともに、私も着付けを学び、練習していきたいと思います。娘が両親とお祭りや花火大会に行ってくれる年齢まで、懲りずに浴衣で参したいと思っています。

初めての彼が選んでくれた

私が20歳だった頃の話で、初彼氏と祭りデートに行くことにしました。今まで、そんなに浴衣を着ていないために、どうしたらいいのか分からずじまいでした。

一先ず、近くの近所にある着物やさんに行って、浴衣選びをしてきました。
浴衣選びで迷っている時に彼氏からメールが来ていたので、拝見したところ、紫陽花の花は鮮やかだし、夏の季節にピッタリとアドバイスが来ました。丁度タイミングベルトで浴衣選びに協力してくれた彼氏に感謝していました。

仕事が忙しいのに、休憩時間を使って、わざわざメールしてくれるのも、私が浴衣選びに悩んでたことを察してくれてたんだなと感じてしまいました。

店員さんに紫陽花が載っている浴衣がないか聞いてみると、二種類の浴衣があり、水色の落ち着いた浴衣とピンク色の明るめの浴衣がありました。

どれも可愛いくて、迷ってしまうと、ふっとした瞬間に彼氏くんの好きな色の水色の浴衣を選んでみました。試着させてもらうと、水色の浴衣がとてもピッタリでとても似合う感じだったので、水色の紫陽花の浴衣を選んで購入しました。

そして、祭りデート当日の昼に、彼氏からアドバイスをくれた浴衣に着替えて、待ち合わせ場所に行きました。

彼氏と無事に会うことができました。彼氏が浴衣姿になっている私を見て、「僕のアドバイスを聞いてくれてうれしいよ。とても、綺麗で惚れ直してしまったよ。」と言ってくれて、嬉しかったです。

綺麗なことを言われると、しっかりと紫陽花の浴衣選びして良かったと感じました。しかも、彼氏の好きな色の水色にしたことによって、鮮やかな感じで浴衣も綺麗でいいねとも言われました。

祭りとしてはピッタリ浴衣なんだなと私は思いました。初のお祭りデートはたこ焼き、バナナチョコなどを食べ歩いたり、花火を見ていたり、射的などの遊びを楽しく祭りを過ごして良かったです。

これも彼氏がアドバイスをくれた浴衣のおかげなのかなとも思ってしまいました。

花柄の浴衣

花柄の浴衣を貰ったのは、小学生の何年かは忘れたけど夏のある日おばあちゃんが買ってきてくれた浴衣でした。
その浴衣は、サイズが少し大きくて私には着れないんじゃあないと思いました。いざ夏祭りの季節になり友達と行こうと約束をしていました。

やっぱり祭りは浴衣を来ていくのが私の友達の間では当たり前のことでした。

夏祭りの当日になり花柄の浴衣を来ていこうと思いました。浴衣の着付けを、おばあちゃんがしてくれたけど浴衣のサイズを紐を使用して丈をちょうどよくして私にピッタリにしてくれました。

そのあと帯を使ってリボンみたいな形名前は知らないんですけどそれにしてくれました。そのあと夏祭りに、友達といきました。その浴衣それから3回しかきませんでした。なぜならその時に浴衣より甚平を着るのが流行った時があり甚平をきていました。
浴衣をきる機会がなく結婚して子供ができて自分が着るのではなく子供に着付けをする側になりました。小さい子どもの浴衣は紐がついていて簡単に着せる事ができてよく花火大会や祭りにつれていきました。

今は3人に子どもが増え着付けも3倍になりました。小さい子どもは、簡単に着せていますが上は大人サイズの浴衣を着れる年齢になりました。

昨年私が夏祭りに、友達と行っていたときみたいに娘も友達と約束をしてきました。大人用の浴衣を着付けするのは、わたしは初めてで紐から苦戦で何回もやり直ししてやっと帯までいきましたが私にはおばあちゃんがしてくれた帯の結び方は無理なのではめるだけのリボンを使用しました。

親になって着付けする側になりおばあちゃんは、すごいことに気が付きました。そんなおばあちゃんも、昨年心臓の病気でなくなりました。

形見になった花柄の浴衣はなんと娘に受け継がれました。その浴衣は、実家にずっと保存されていたのものを娘に昨年きせました。親子2代で、浴衣を着れるなんて不思議な感じです。
今年も夏祭りや花火大会の季節になりました。私が全然着なかった分今年も娘が来てくれたらおばあちゃんも喜んでくれると思います。

花火大会とお祭り

元彼と付き合っている時に花火大会のデートをするってなっ時に浴衣をきてみたんです。

自分で着付けが出来なかった為おばあちゃんに頼んで着付けをしてもらったんです。
着なれなくて苦しかったのもあるし暑くて体がすごくベタベタしてだんだんと着崩れてきてしまいました。

でも、彼と仲良く手を繋いで歩きながら花火がよく見える場所を探したんです。
そしたら、凄くよく見える場所をみつけたんです。

浴衣だったので地べたに座ることができずしゃがみながらみてたら足が何回も痺れてしまい大変でした。そしたら彼が地べたにあぐらをかきはじめたと思ったらこの上に座りな!と言ってくれたんです。

凄く恥ずかしかったけど普段からそんなふうな事をやってくれないので驚きが隠せなかったです。
でも、うれしかったからお言葉に甘えて足の上に座わったんです。
しばらくは花火の鑑賞をたのしんでたんです。突然彼が浴衣似合ってる可愛いねと言ってくれてまた驚きました。

嬉しくてこの時はこのまま時間が止まればいいのになあーって思ってたんです。
花火が終わってまた手を繋いで車まで戻り帰ることになったけど渋滞でなかなか帰れなくて花火が凄かったねって言う話で盛りあがってました。

彼とバイバイした後私はウキウキの気分で帰宅し今日あった事を思い出してニヤケてたんです。
よくよく考えたらきっと彼は恥ずかしながらもあんな甘い言葉を言ってくれたんだなっておもいます。
大切な思い出になりました。
初めての浴衣をかわいいと褒められて悪い気持ちになる人はいないとおもうんです。これって幸せな事だったんですよね。
お祭りにも浴衣を着て参戦してみました。
人だらけで全然身動きがとれなかったんです。
そしたら彼がまた手を繋いでくれたんです。
浴衣だと歩きにくいから手を繋いで歩こうって言ってくれたんです。
一人でキュンキュンしてました。
なんでこんなにも嬉しくなってしまうんだって思いながらもお祭りをたのしんでました。
浴衣効果抜群です!

出店に夢中

浴衣は3着あります。
黒、緑、ピンク。
今はあまり着る機会が無くなりました。
若い頃は夏になると、浴衣を着て花火をしたり
そのまま遊びに出かけたりしていました。

黒は1番初めに買った浴衣です。
友達と一緒に買い物に行き、同じような物を選びました。
結局、自分の好みというよりも友達に見立ててもらったので
1,2回くらい花火大会で着て、あまり着る事なくしまわれてしまいました。

緑は2番目に買った浴衣です。
ピンク、紫、黒はよく見るけど、緑は珍しいだろうと思い選びました。
結構明るい色で、エメラルドグリーンに近い感じです。
やっぱり花火大会で何度か着ました。
どうしても花火より出店が気になってしまい
かき氷2杯・お好み焼き・チョコバナナ・フランクフルトと
おいしそうな物をどんどん食べ歩きしていました。

花火が終わる頃に気が付いたのですが
女同士でずっと話しながら食べ物を食べ、
花火をほぼ見ていなかったという事がとても面白くて
「私たちバカだね」と大笑いをした事がありました。
そしてこの緑の浴衣を着ていた時に悲劇が起こりました。
クレープを食べながら歩いていた時の事です。

クレープにはクリーム、チョコソース、バナナがみっちり入っていました。
食べにくいなぁと思いながら下を向くと、なんだか浴衣の様子がおかしい。
襟の部分が少し黒くなっていたのですが、この浴衣に黒は使われていません。
すごく嫌な予感がして、恐る恐る胸の襟を開けてみると…
チョコソースが流れ込んでいました!
中は真っ黒です!
少ないティッシュで拭きましたが足りるはずもなく
手も浴衣もベタベタ、トイレもすぐに行ける状況でないという
とてもショックな事が起きてしまいました。
幸い、チョコソースの流れ込んだ部分は外からあまり
見えない所だったので、周りから見ればなんでもありませんでした。
家に帰りクリーニングに出しましたがあまりとれず
黒い部分は大きく残ってしまいました。
それからこの浴衣はあまり着る事がなくなってしまいました。

3着目の浴衣はピンクです。
やっぱり王道はコレかと思い、買ってみました。
一番大人になってから買った物で、飲み会や食事で来た事が多かったです。
仲の良い女子達で浴衣ご飯をしようと食事に行ったり、
夏だから浴衣を着て手持ち花火をしに行こうと、みんなで着たりしました。
緑の浴衣の時にクレープ汚れでこりていたので
食事の時はとてもとても気を張っていました。
今でも綺麗に残っています。

帯は出来上がっている作り帯だとカッチリしすぎて
好みでないので自分で結んでいます。
ただ、こだわりがあるわけではなく文庫結びしか出来ないので
レパートリーを増やしたいなぁと思います。

また夏がやってきたので、久しぶりに浴衣が着たいです。
クレープは絶対食べません!

しっとり和美人になりたくて…

私が卒業した学校は和裁、洋裁を専門的に教える高校で私は中学校時代家庭科の成績が良かったからこの学校なのかなぁ~ぐらいの気持ちでした。

いわゆる女子高で同級生といつもおもしろおかしく過ごしてた思い出がありますが皆初めての和裁の授業に四苦八苦していました。

和裁の授業は基本、すべて手縫いでまず一番最初は運針(ひたすらまっすぐ縫うレッスン)の練習でその光景はいま思い出すとおもしろいですよね~なんか皆真剣にただ縫っているんですから。最初の課題はさらしでつくる肌襦袢とそして浴衣でした。
まず浴衣の反物を自分で買いにいくところからはじまるのですがクラスメイト達と買いにいって盛り上がりました♪

皆それぞれに自分の好みの柄を選んで…私も多分一番熱が入ったのは反物選び。それを裁断して柄あわせするのはすごく楽しかったので形になってできてくると゛自分すごい!!″って感激しました。

すべて手縫いで仕上げ要はこの課題がクリアすると単物(ひとえもの)が縫えるという事になるのです。出来上がりは皆やっぱり感動で大喜びしました。今度はその自分で縫った浴衣を使って着付けのレッスンの授業もあって洋裁の専科の子達が浴衣持っていない子達が(洋裁の子達も着付けがあるので)私達に借りにくるのですがなんていうか~私の柄の浴衣を貸して欲しがる子が多くて自分でいうのもなんですがすごく得意な気分になったのを覚えています。

私の選んだ柄は皆の中でもおしゃれだったようです。(センス良いっていうんでしょうか。)色目は紺地に紫色のグラデーションの渡り鳥が書かれたものでしたが一目見て直感で選んだもの。それに合わせて山吹色の半幅帯も選びました。

当時はそれほど色の選び方もよくわかっていないのに自分が着るならこんな感じ、そういう目線で選んだものは今でも大切な思い出です。

16歳の頃の洋服だってそんなに持っていない時代の私の和のクローゼットの思い出は浴衣の柄あわせかもしれません。

お父さんが買ってくれた大切な…

夏祭りに浴衣を着ていく機会が減りましたが、私にはお気に入りの浴衣があります。お父さんが買ってくれた、大切な浴衣です。

私は三人姉妹の末っ子なのですが、そうなると服はお姉ちゃんのお下がりばかりでした。私は特に気にすることはなく、浴衣もお姉ちゃんの浴衣を借りて着ていました。紺色の紫陽花柄の浴衣です。お姉ちゃんが結婚して紺色の浴衣は私が貰いました。その当事は浴衣が着られれば何でも良かったのです。お母さんのお古の浴衣を着たこともありました。

しかしお父さんはずっと気がかりだったようです。毎年、夏になると「お前にも浴衣を買ってやらないとな。」と言っていました。お父さんは娘には全員、浴衣を買ってやりたいという気持ちがあったようです。私は毎年お祭りに行く訳でもなかったので買って貰わないで構わないと思って数年が過ぎていました。

ダイエットに成功したある夏に、お父さんが遂に浴衣を買ってくれることになりました。お母さんと三人で浴衣を選びに行ったのですが、お父さんがニコニコと嬉しそうにしていました。私はお母さんが勧める黒や紺色の浴衣より、黄色の浴衣を選びました。最初から黄色の浴衣が欲しかったのです。お父さんは「本人が欲しがる色にしよう。」と、私が欲しがった浴衣を買ってくれました。

淡い黄色の生地に紫陽花柄の浴衣です。その年のお祭りに着て行きました。周りの友達からは、黄色の浴衣が似合ってるね、と言われてとても嬉しかったです。お父さんが買ってくれた浴衣が自慢でした。そして浴衣を着た私を見て、お父さんが誰よりも嬉しそうでした。

それ以来、毎年その浴衣を着ました。お祭りデートでも着ていって、彼氏に似合ってるねと言われた時は本当に嬉しかったです。

現在は結婚して着る機会が減りましたが、大切な浴衣です。お嫁に来る際に忘れずに持ってきました。浴衣を見ると、お父さんの嬉しそうな顔を思い出します。お父さんとの大切な想い出の浴衣を、今年は着たいなと思います。